酒40、食30、店10、物10、他10。たぶん。


by ranjin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

志ノ蔵考I

志ノ蔵が変わっています。
阿佐ヶ谷の片隅で起こっているこの変化は、ゆっくりの様に見えてかなり大きいものに感じます。
書きたいことは大変多くあるのですが、とにかく書かないと前に進まないので、思いついた所から書いていきます。
まずは「季節感」という観点で「鉄板焼きコース」。
下記は7月初旬、鉄板焼きコース開始直後の内容です。下記でも触れていますが、更に改良が加わっていることを付記しておきます。


a0000667_0174237.jpg
分厚い鉄板。長い間使い込んでいく中で、この鉄板も良い味に仕上がっていくことでしょう。


a0000667_017557.jpg
ご存じ名古屋コーチンです。

a0000667_018349.jpg
季節を彩る無農薬野菜達。

a0000667_0181180.jpg
自らの手で焼く楽しみ。店主が焼いたお料理ももちろん美味しいとは思いますが、このライブ感はたまりません。もちろん焼くに当たっては、鍋と同様に店主からのアドバイスがあります。今までもむねやももの焼き物(あと串)はありましたが、客が手を動かすと言う意味でも鍋の次の選択肢になります。そういった意味でも今までの志ノ蔵からすると新しいスタイルです。

a0000667_0181929.jpg
良い旨味が鉄板に染み渡ります。

a0000667_0182636.jpg
鉄板の旨味をご飯に伝える〆の作業。既に改良が入っていますが、基本は炒。料理に国境はありません。

a0000667_018331.jpg
〆のご飯。改良後の〆は更に美味しさが増しています。


この鉄板焼きの導入は、夏場における季節感の提供だと私は感じています。夏場の鍋も美味しいとは思います。ただ無類の鍋好きの私も、「夏らしい何か」を求めていたことは事実です。それに対しての一つの答えが鉄板焼きだと思っています。
今後紹介予定ではありますが、志ノ蔵はカウンターも含めてコースを中心に勝負する店に変わっています(カウンターは22時までは野菜中心のコース料理のみになっています)。それは季節、食材、飲み物、そして気持ちを、「まるごと」感じて貰うための最善と考えられたからでしょう。私もコースの方が圧倒的にメリットがあると考えています。カウンターの彩りは、野菜から提供される季節感でより素晴らしいものになるでしょう。
そういった「コース」化の流れを考えても、テーブルでも季節感を提供するため、鉄板焼きの導入は重要なポイントではないでしょうか。


現時点でのお店の情報。
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-1-23 東神阿佐ヶ谷ビルB1F
電話:03-5335-6355
営業:18:00~24:00(22:00までコースのみ。最終入店23:00)
休日:月曜
行程:JR中央線「阿佐ヶ谷」駅南口より徒歩6分、東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」駅より徒歩3分
[PR]
by ranjin | 2007-09-03 00:24 |